松のやの誕生。それは、あるおばあちゃんがお孫さんから聞いた一言。

 松のやは、安倍川上流、松野地域に住む「和(かず)ばあちゃん」がお孫さんから聞いた一言がきっかけでスタートしました。
 和ばあちゃんは、若い頃から畑を耕し、3人の子どもを立派に育てあげました。おかげさまで孫も生まれ、その可愛い孫と会うのがとても楽しみでした。お正月は、子どもと孫が集う楽しいひとときでした。



 ある年末、和ばあちゃんは、肉じゃがを作り、お豆を茹で、外にもたくさん精魂込めて手料理を作り、子どもと可愛い孫を迎える準備をしました。そして、元日を迎え、その夜は帰ってきた家族全員で食卓を囲みました。でも、なぜか9歳になる孫の箸が進みません。心配して問いかけると「いつも食べている○○の方がいい」「味がうすい」と答えるのです。
 和ばあちゃんは、ちょっとショックでした。でもまあ今の時代、コンビニさんに代表されるしっかり、はっきりした味の加工品に慣れてしまった子どもからすれば、こういう田舎料理は味け無いのかな、思いました。
 でも、その一方で、果たしてそれでいいのでしょうか、と悩み、考えました。

 私たちは長生き世代です。この年になってもいたって元気です。でも、それはきっと日本の食文化と切っても切り離せない関係があるのではないでしょうか。身近な素材を大切に使い、本来の素材の力を最大限に生かす家庭料理。もちろん家庭では防腐剤も、その他の添加物も使いません。だから、時間の経過と共に味も変わるし決して日持ちもしません。でも、体に優しいはずです。もしかしたら、美容にも、健康にも・・・
 子どもには、孫には、そんな料理を食べてもらいたい。いいえ、子や孫だけでなく多くの皆さんに、体に優しい料理を食べてもらいたい。離乳食のお子さんにも、仕事に追われる皆さんにも、お年を召したおじいちゃんやおばあちゃんのも、心から安心して食べていただける料理を自信をもって提供したい。  そんな和ばあちゃんの強い気持ちが、同じ考えを持つ仲間に広がり、「松のや」はできました。
 松のやを作った和ばあちゃんも年をとり、松のやを引退しました。でも、松のやへの想いや食の安心、安全に対する熱い考えは、さらに大きくなり、強くなり、現在の松のやに引き継がれています。


松のやは手づくり。手づくりは、心づくり。

 松のやのお弁当、お惣菜は、手づくりです。松のやは、手づくりにこだわります。  コンビニさんのお弁当は、とてもきれいです。おにぎりも、形が整っています。もちろん、お味もしっかりしていて美味しいでしょう。大量にお作りすることもできるでしょうし、なによりもコンビニさんは便利ですよね。
 松のやのおにぎりは、朝、一つ一つ手でにぎり、具も一つ一つ手で込めます。ですので、ちょっと不揃いです。見た目も、かっこよくありません。お弁当も、あせって作ると、少しはみだしたりして、本当にごめんなさい。
 それでは松のやさんの負けですね、とお客様から言われてしまいますね。でも、ぜひ一度食べてみてください。おだやかな味、昔の味はお口に合わないかもしれませんが、一度試してみて下さい。
 一つだけ、自信があります。全品、心を込めて作っています。皆様の健康と食の安全と安心を心から願い、一品一品のお弁当を作り、おにぎりを握っています作り手の心がお客様に届くように、精一杯の努力をしています
 松のやの作り手は、常にお客様を意識して、料理をしています。私の作った唐揚げを今日はどんな人が食べてくれるんだろう。美味しいと思っていただけるのかしら。おなかいっぱいになって、ほほ笑んでくれればうれしいな。次も食べてくれるのかしら、って。
 松のやには、一つのルールがあります。それは、「すべてはお客様の笑顔のために」です。松のやの活動は、すべてここに行き着きます。
 松のやは、時間をかけて、手間をかけて、お弁当のおかずも、お惣菜もお作りします。現在の世の中の大きな流れは、利便性とか合理性なのかも知れません。そこではとてもコンビニさんにかないません。でも、私たち松のやだからできる活動を、ひたむきに、愚直に、努力していきたいと心から思っています。

松のや店舗
松のやについて

静岡市役所目の前。青葉公園に面した立地で、手作りのおにぎり・お惣菜を販売しています。農家さん直送の野菜販売も。皆様のお越しをお待ちしております。

もっと詳しく
セントラルキッチン
セントラルキッチンについて

静岡市の北東部、流通センターを越えてさらに進んだ先にある松のや専用の加工所「セントラルキッチン」。とれたての素材を使い全ての料理を担う心臓部です。

もっと詳しく
松野産野菜
松野地域と食材について

静岡市の北部、安倍川の上流域にある松のや発祥の地「松野地域」。松のやに食材を提供頂いている農家さん・生産者の方々をご紹介しています。

もっと詳しく
GO TOP